やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら

サイトメニュー

抑うつ症状が続いたら

医者 もしうつ病を発症してしまい仕事を休職しなくてはいけなくなった場合、傷病手当を申請することが出来ます。しかし利用するにはいくつか条件があり、それに該当する人のみが利用することが出来ます。自分が該当するかどうかまずは相談し利用しましょう。

詳しく見る

悩みを解決するには

うつ うつ病になり傷病手当を受けるメリットは、最長で1年半の間お金を貰い続けることができる点です。デメリットは、1年半が経過してしまうとその後支払いが打ち切りになることです。また、手続き等で会社とのやり取りをしなければならないこともあります。

詳しく見る

きちんと支給してもらおう

カウンセリング 現代人に増える傾向にある病気の一つとしてうつ病が挙げられ、傷病手当が支給される対象となっています。精神科や心療内科で自分自身がうつ病であるかを診断してもらい、申請すると良いでしょう。他の怪我や病気で休みを取るのと、同様の扱いとなります。

詳しく見る

治療中の生活も守られる

ハートと聴診器

休職中の生活費を支える手当

気分が優れない状態ややる気が起きない状態が長く続く場合はうつ病を疑う必要があります。この病気や知らず知らずの内に発症していることもあり、自分でも気づかない内に進行してしまっている場合もあるでしょう。もしこの病気を発症してしまった場合は出来るだけ早く精神科や心療内科といった専門の病院で治療を開始することが大切です。そのまま放置してしまえばどんどん症状が深刻化してしまい治るまでに時間が余計掛かってしまう場合もあるでしょう。うつ病を発症してしまうと仕事が手につかなくなってしまったり、人と会うことが嫌になってしまったり日常生活にも支障が出てしまう場合があります。その場合出来るだけゆっくり体と心を休ませることが大切です。そのため、中には仕事を休みしっかり治療をしなくてはいけない場合もあります。その場合、仕事を休んでいる間収入が無くなってしまう恐れがあるでしょう。そこで生活費を確保するために役立つのが傷病手当です。この疾病手当は病気などで仕事をすることが出来ない場合に出る手当になります。収入の3分の2の金額が支給されますがこの手当を利用することで支給されている期間は生活費に充てることが出来るでしょう。ただし、支給される期間にも限度があり最大で1年半になるので受給期間について注意が必要です。また、傷病手当と失業保険は同時に受け取ることが出来ずどちらか一方になります。傷病手当は仕事が出来る状態ではない人に支給される手当であり、失業保険はこれから仕事探しを行う人のための生活支援になります。この二つは似ているようで実は全く正反対のものになるためどちらも受給することは出来ません。
もしうつ病を発症してしまった場合、治療期間が長くなってしまう場合があります。また仕事に行くことが出来なかったり、状態が深刻な場合や自宅でゆっくりと休める環境がなかったりする場合は入院して治療を行う場合もあるでしょう。仕事を休まなくてはいけなくなってしまった場合、やはりお金の面が気になってしまいます。傷病手当はそんな生活の不安を改善することが出来るため大変注目されています。やはり生活の不安がある中での治療は余計追い込まれてしまう場合もあるでしょう。少しでも生活費の不安を解消し、安心して治療に専念するためにも傷病手当を受給することをおすすめします。しかし、きちんと受給する際のデメリットについても勉強しておかないと後々後悔してしまう場合もあるかもしれません。傷病手当がどのようなものなのか事前にきちんと下調べをした上で、需給をした方が自分にとってメリットがあるのかどうか考えることをおすすめします。うつ病は誰もが発症する恐れのある病気です。現代病とも呼ばれており、現在数多くの人が発症しているでしょう。また発症しているのにも関わらず病院に行っていない人もおり、早期解決が望まれる病気ではないでしょうか。うつ病は決して治らない病気ではありません。適切な治療と十分な休養が必要になってくる病気です。少しでも早く改善するためにも、まずは体を休ませ治療を行う必要があるでしょう。そのために傷病手当というものがあり、治療期間の生活を守ってくれます。利用する場合は需給の条件であったり給付期間だったりなどについてもしっかりと下調べした上で利用することをおすすめします。

Copyright© 2019 やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら All Rights Reserved.