やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら

サイトメニュー

悩みを解決するには

うつ

知っておくと良い情報やデメリットとは何か

社会人になると、やらなければならない仕事がたくさんあり、気がついてみるとうつ病になっているようなことがあります。うつ病になっても会社に通うことができればよいですが、重度のうつ病になると会社に行くことすらできないことも少なくありません。当然その分給料が支払われなくなります。この場合、傷病手当を利用することで会社に行かなくてもお金を毎月もらうことができるでしょう。メリットは、申請してから1か月程度で傷病手当が支給されることです。1か月程度ならば、最後にもらった給料で何とか生活をして少し蓄えがあれば特にその後の生活に困ることはありません。仮に蓄えがない場合でも、最後にもらった給料を丁寧に計画的に利用すれば、そのまま傷病手当をもらうことで生活をすることは十分可能です。給付期間も、1年と6カ月間になりますので、この間に十分な治療を行って社会復帰を目指すことも可能でしょう。1年6か月もの時間があれば、十分な治療することもできますし、もし会社を辞める場合にはその判断を下すこともできます。もちろんこの時には、あまり判断を長引かせないことが重要になるでしょう。判断を長引かせてしまうと、結果的に自分にとって不利になる可能性が高くなるからです。それ以外にも、女性の場合には出産手当金と同時にもらうことが可能になります。そもそも出産手当金と傷病手当はまったく別の趣旨によって支払われるものになります。片方をもらっているからといって、もう片方をもらうことができないわけではありません。このように、傷病手当てをもらうメリットはたくさんあるため、仮に会社に行けなかったとしても金銭的な面で不安に感じる必要はないといえます。
確かに傷病手当は、うつ病の患者にとってはありがたい仕組みになります。メリットはたくさんありますのでこれを上手に利用すれば少なくとも1年半の間は金銭面で悩まずに済むでしょう。ただその半面、傷病手当にはデメリットがあることをよく理解しておかなければなりません。メリットとデメリットの両方を理解した上で正しい判断をするのが一番です。もし、デメリットの方が自分にとって大きいと感じたならば、あえて受け取らない選択もありになります。うつ病になった時の傷病手当のデメリットは、当然ですが受給期間を過ぎてしまうともう一度もらうことはできないことです。受給期間は先ほども述べたように1年6か月間になります。それを超えてしまうと仮にうつ病が治っていなかったとしてもお金を支給されることはありません。このような期限があることを考えれば、計画的に行動することが大事になります。次に、傷病手当を申請する場合には、書類を一部会社で書いてもらわなければいけません。この時、会社との間でやり取りが発生してしまいます。大きな会社ならば、直接の上司などを挟まなくて済むことが多いですが、小さな会社の場合は直接の上司などを挟むことになり少々気まずいと感じることもあるでしょう。ただこれに関しては、簡単に終わる手続きになります。1年半もの間、毎月会社に書類を求めるわけではありません。最初の一回だけ記入をしてもらえば、後は会社とも関わりはなくなるといえます。それ以外でも、生命保険の審査をする場合通過しにくいという問題点があることも理解しておくべきです。

Copyright© 2019 やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら All Rights Reserved.