やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら

サイトメニュー

きちんと支給してもらおう

カウンセリング

安心して休職出来る

就業している人が怪我や病気でやむを得ず休職する場合に、支給されるのが傷病手当です。休職期間中にもある程度の金額が受け取れることで、生活の基盤を作りやすくなります。うつ病が原因で休職となるケースも増えており、この場合も医師の診断書とともに申請をすることで傷病手当を受給することが可能です。また、ただ単にうつ病になったからといって傷病手当の申請が出来るわけではなく、医師の診断で仕事を休んだ方が良いという状態であることが証明される必要があります。軽度のうつ病や勤務に差し支えない程度の症状の場合は、受給できる基準には達していない場合もあるので注意が必要です。休職出来る期間は基本的には限られており、傷病手当を受給出来る期間にも制限があるので覚えておくと良いでしょう。最長でもうつ病の場合には、休職出来るのは一年半が限度とされています。これは、うつ病の治療にかかる一般的な期間から考えても、相応の期間であると言えるでしょう。あくまでも身体を健康にするための期間であるため、それ以上治療にかかる場合には転職などを検討する必要もあります。ですが、長く続けた仕事を病気にかかったからと言ってすぐ退職しなくても良いように、傷病手当の制度はあります。心の病気が悪化して勤務できない状態になった時には、まず医師に休職しても良いか相談をするのがおすすめです。職場の上司などに休職の相談をする前に医師に話しておいた方が、診断書の提出などがスムーズに進みます。なお、仕事の内容が直接的な原因となって病気になった場合は、労災とされるので申請内容が異なります。
傷病手当は収入の日割り計算をして三分の二となる金額を受け取ることが可能で、普段もらっている給料とは計算方法が違います。休職期間中も勤務している時と同じ金額が受け取れるわけではないので、注意が必要です。あくまでも休んでいる間に支払われるものなので、普段の収入より低くて当たり前であることが前提とされています。いわゆる毎月の収入の中には残業代なども含まれているため、支給される金額が普段の収入の三分の二にはなりません。また、傷病手当の特徴としては一つの病名では一回しか支給されないという決まりがあります。例えば、うつ病を理由に短期間休んだ時に傷病手当を利用してしまうと、二回目に休む場合には受給することが出来ません。申請をする際にはきちんと病気を治療するつもりで、ある程度長めの休職期間で申請した方が経済的です。最長期間の一年半の間にある程度のところまで身体を治すつもりで、休職期間を申請した方が傷病手当を無駄にしないで済むでしょう。同じ症状になったからと言って、二度目の申請を行うことは出来ないので医師や上司と話し合ってしっかりと計画を立てることが大切です。万が一、別の病気や怪我をしてしまった場合には、以前にうつ病で傷病手当を支給してもらっていた場合でも新たに受給することが出来ます。また、かなりの期間が経過してから再び同じうつ病が発症した場合には、新たに病気になったという理由で申請が通ることもありますが可能性は低くなります。復職する際には医師から復職可能である診断書をもらい、専用の手続きを行うことで復職することが可能です。

Copyright© 2019 やる気のない状態や気分の落ち込みが続いたら All Rights Reserved.